中山みどり園 支援員 木田 陽子|採用情報|社会福祉法人 県央福祉会

採用情報

採用情報カテゴリアイコン先輩社員の声

中山みどり園 支援員
木田 陽子 -2011年入職-

担当の業務について教えてください。

利用者さんの作業を見守るほか、一緒に散歩や料理、カラオケなどをしたりしています。3年前からリーダーとして、月1回、グループミーティングの企画・運営などに携わっています。

入職を決めた理由は?

大学では社会福祉を専攻し、サークル活動では障がい児や障がい者と交流する機会がありました。この経験を活かそうと福祉の分野を選びました。県央福祉会を選んだきっかけは、たくさんの事業所があって、異動をしながらいろいろな現場で幅広い経験ができるからです。

職場の雰囲気や社風について教えてください。

今年度からは就職説明会に先輩職員の一人として参加したり、法人の委員会活動に参加するなど、経験に応じて新しいことにどんどん挑戦させてくれる社風だと思います。

仕事で大切にしていること、心がけていることはありますか?

新しいことを決めたりする時には、非常勤職員も含めてグループの職員全員で話し合うようにしています。一人ひとりの意見を尊重することで、仕事への意識を高めてよりよいチームを作っていきたいですね。

就職希望者へのメッセージ

新卒で就職した当初、私は自分の役割や目標を明確に描くことができませんでした。でも、先輩職員のフォローのもと、現場で経験を積むうちにだんだんとそれが見えてくるようになります。心配はいりません。皆さんも気負わずに県央福祉会にエントリーしてください。

TOP