茅ヶ崎南湖ホーム 世話人 辻村みなみ|採用情報|社会福祉法人 県央福祉会

採用情報

採用情報カテゴリアイコン先輩社員の声

茅ヶ崎南湖ホーム 世話人
辻村 みなみ -2015年入職-

担当の業務について教えてください。

食事作りや清掃、買い物同行など利用者さんの全般的な生活支援を行っています。ほかにも、利用者さんの個別支援計画の作成や金銭管理など事務面の業務も担当しています。

入職を決めた理由は?

兄弟が自閉症だったこともあり、大学は社会福祉学科に進学しました。県央福祉会は、生活介護や就労移行支援、就労継続支援、グループホーム、療育など幅広いサービスを提供しており、さまざまな経験を通じて自分のライフワークを見つけていきたい思い入職しました。

職場の雰囲気や社風について教えてください。

国際貢献活動など、他の法人ではあまり取り組まないことに力を入れていると思います。昨年はスタディツアーのメンバーとしてマレーシアに行き、現地の福祉の実態を学ぶなど、日常業務を離れた新鮮な体験をすることができました。

仕事で大切にしていること、心がけていることはありますか?

どんなに忙しくても利用者さんの前では忙しそうなそぶりをしないように心がけています。笑顔で落ち着いた行動を忘れず、利用者さんが声をかけやすい雰囲気を出せるよう意識しています。

就職希望者へのメッセージ

グループホームは一人ひとりの利用者さんと深く関わることができます。支援に正解やゴールはありませんが、人生の先輩である利用者さんの思いを共有したり、悩みを一緒に考えたりすることで、自らも成長していける尊い仕事だと思います。

TOP