《もっと自分が大好きになるワークショップ》を行いました。

1125日、相模原地区にお住まいの方々
(障がいがありグループホームやご自宅で
生活されている利用者さん)を中心に
《もっと自分が大好きになるワークショップ》を
行いました。
参加者は全部で24名。このワークショップは、
7
年前に性と命のアドバイザーである「島沢先生」に
来ていただき始めた職員の勉強会が、利用者の
皆さんの交流や自分の「性や自分らしさ」に
気づいていくための勉強会になったもので、
先生に来て戴き続けています。

今回は、意見交換する中で自分のいいところを発見・再認識しながら《もっと自分のことを好きになっていこう!》というものでした。
まず56人のグループに分かれ
   互いのいいところを一人ひとつずつ出し合う※初対面の人は第一印象など。
    自分で自分自身の好きなところも考える。
   他の人から褒めてもらったところと自分の好きなところを各自5個、渡された紙に書き出す。
    グループの代表者が全員の前で発表する。
という流れでした。
発表の最中は、「おー!」とか「へー!」とかお互いのいいところを確認し合い、やっぱりね!や本当???も含めて、時折どよめいたりもしながら、大いに盛り上がっていました。

参加された方の中には自分の『いいところ』が書かれた紙をその後何日間か大事に持ち歩いている方もいたそうです。(実は私も大事に取ってあります。)
私自身も、自分では思いもよらないいいところを他の方から出してもらって、新たな自分を発見することができ、とても楽しくて参考になりました。
この交流会(勉強会)は二か月に一回程度、今回のように先生からの提案や皆さんのリクエストによるテーマに沿って皆さんで話し合ったり、時にはゲームも交えながら楽しく行っています。
今まで一番盛り上がったものは「デート」の練習やプロの方がしてくれたメーク。プロの方の写真撮影etc.でした。
場所は今回の松が丘園さんやパステルファームワーキングセンターになることが多いです。年明けには、活動の一環として相模原市内のレストランで先生と一緒の新年会も予定しています。
活動が定期的にある中で、常連さん同士で「最近どう?」「元気?」などお互いの近況を教え合ったり、また参加する方同士で新しく横のつながりができたり、この交流会が様々なきっかけになっているようです。
(グループホーム ハーブの里 竹山)

Copyright © 2013 Kenou Hukushi Kai All Rights Reserved.