〈ハーブの里 利用者ミーティング 外食編!〉

ハーブの里では、日々の生活について利用者さん同士で話し合う“利用者ミーティング”を、全員が揃う日の夕食後に行っています。現在は1~2ヶ月に1度ほどです。グループホームは様々な人と共に暮らす場所ですが、利用者ミーティングを通して利用者さん同士で話をする機会をつくり、自分の生活を主体的に考えたり、どうすればお互いに気持ちよく生活できるかを意識するきっかけ作りができればと考えています。
また外食については普段皆で行くことが滅多にないことや、たまにはぜひ行きたい!という利用者さんの声が聞かれたこともあり、“利用者ミーティング”に“皆で外食!”というお楽しみな部分もプラスして計画することになりました。
さて、今回のミーティングの内容は・・・
まずは11月に予定している2泊3日仙台旅行についての話し合い。やりたいこと・食べたいもの・行きたい場所…などなど、利用者さんから様々な意見が聞かれました。また、大地震などの災害時対応のことも話し合いました。
災害時、ホームにいる場合には「自室に閉じこめられないように、部屋にいる人はなるべく早く部屋のドアを開けるようにした方がいいのではないか。」や、外出している場合に備えて「ホームの住所・電話番号が分かるものを常に携帯しておくのはどうか。」などの意見が聞かれました。
3.11東日本大震災をきっかけに、皆さんの災害に対する危機意識も高まっているようです。ハーブの里としては、今後もこういった取り組みを通じて『利用者さん主体のホーム』により近づけていきたいと思っています。




(ハーブの里 竹山)

Copyright © 2013 Kenou Hukushi Kai All Rights Reserved.