相模原地区≪性の勉強会≫
 相模原地区のグループホームの利用者さんを中心に、2,3か月に一回『性の勉強会』を行っています。性の勉強会では、講師の島沢二三子先生に来ていただき「自分らしさ」や「命の大切さ」等をワークショップを通じて考えています。今回は、7月21日17:30~松が丘園で行われた勉強会の様子を報告させていただきます。
参加者の方々は、勉強会が始まる前の時間に皆さん同じお弁当を食べながら、「久しぶりー!」「元気だったー?」「この前○○へ行ったの!」と普段なかなか会わない仲間に近況報告しています。


 お弁当を食べ終わると勉強会の始まりです!今回は最初に、レクリエーションとして、うちわを持って相手の陣地に風船をいれるバレーのようなゲームをしました。相手の様子をよく見て風船を打ち返したり、仲間とぶつからないように意識したりしながら楽しそうに参加されています。初めての参加で緊張された方も、ゲームを通じて打ち解けたようでした。

   


 緊張がほぐれたところでワークショップです。今回は、『わたしのいちばん』について考えました。
「1番うれしかったこと」「1番かなしかったこと」「1番くやしかったこと」「1番おいしかったこと」を紙に書いて発表しあいました。皆さんの『1番』は何でしょうか?
 参加者の方々も、皆さんが発表している姿をしっかりと見ながら「それが嬉しかったんだ~」「○○おいしいよね!」「○○ってどんな食べ物?」と興味深そうに話していました。

 
 私も皆さんと一緒に参加しながら今回のように自分のことを考える機会は、とても大切なことだと思いました。悲しかったことや苦しかったことも、皆さんの前で発表し消化することも大事だと思いました。また、嬉しかったことは伝え合いプラスの気持ちを共有できた気がします。自分のプラスなところも自分のマイナスところも、『自分らしさ』です。ただ嫌だと思うのではなく一度考えることも大事だと感じました。
 今回は、何年かぶりに参加するGHの方々や初めて参加される方々がいたため、総勢30名という賑やかな会となりました!次回の勉強会は、9月8日(金)に行われます。「また会いましょうね」と参加者の方々は、楽しそうに話されていました。

(ハーブの里/ポプリの里 神谷) 

Copyright © 2013 Kenou Fukushi Kai All Rights Reserved.